2018年ペニスの増大を目標としている男性に口コミで効果があったと評判の増大サプリメントをランキング形式でご紹介中です。毎日に活力を与えたい方に向けたサイトです。自分のペニスに自信がない、パートナーが満足しているか不安、など男性の悩みを解決します!

ちんこの悩み

オナニーでペニスが小さくなるは嘘?本当?ペニスが小さくなる原因と解決方法

更新日:

ペニスサイズにコンプレックスを持つ男性は多いですが、「ペニス増大サプリ」などで大きくしようとする人もいます。

そういったアプローチをしているかどうかとは別に、「ペニスが小さくなる可能性がある行為はしない」と考え、実践している人もいます。

生活環境などによって成長が阻害されて(サイズ的に)未熟なままになってしまうことはあるにしても、一度成長したものが元に戻ってしまうことは本当にあるのでしょうか。この噂の真偽に迫ります。

オナニーのやり過ぎでペニスが小さくなるは嘘!オナニーのメリット&デメリット

男性ならば必ず経験している「オナニー」(マスターベーション)は、一説によるとペニスサイズを減退させる要因になるといわれています。

これは「テストステロンが減少するから」という理由によるところが大きいのですが、この説は嘘だと思っても問題ありません。

むしろ良い効果の方が多く期待できるオナニーですが、ここはひとつメリットとデメリットを整理してみましょう。

オナニーのメリット

オナニーがもたらす可能性があるとされるメリットには、次のようなものがあります。

  • 勃起力向上
  • 早漏改善
  • 前立腺がんの予防
  • ストレス発散

前立腺がんの予防効果に関して、「週5回以上のオナニーが発症リスクを1/3まで低下させる」という研究結果があります。

オナニーのデメリット

一方で、次のようなデメリットの可能性もあるとされます。

  • 遅漏や膣内射精障害
  • 尿道炎
  • 薄毛
  • 女性にモテなくなる
  • 時間と労力が必要

正しい方法で行うオナニーは、早漏予防や改善効果が期待できます。しかし、間違った方法で行うオナニーは、逆に早漏を助長してしまう可能性があるので注意が必要です。

ペニスが縮む原因3選

オナニーではペニスサイズが減少しないということは分かりましたが、現実問題としてサイズが小さくなったと感じている人はいますし、実際にサイズが小さくなってしまうこともあります。それはなぜなのでしょうか。

肥満体型になるとペニスが埋もれて小さくなる

よくあるサイズダウン(だと感じる)の原因は、これです。

規則正しい生活を意識し、しっかりと体を管理している人は影響が出づらいですが、基本的に人体は加齢によって衰えていきます。

年齢を重ねることで基礎代謝が減り、同じような生活環境でも太りやすくます。

特に下腹部は男女ともに脂肪が付きやすい部位でもあるため、気付けば「中年太り」になってしまっていることもあるでしょう。

下腹部に脂肪が付いてくると前方に膨らみますが、脂肪が付いた分だけペニスが埋もれて短くなってしまいます。

ペニスの根本的なサイズは変化していませんが、覆うように脂肪が付着する結果、体内に隠れてしまっているわけです。

年を取ると男性ホルモンが減少し勃起力が下がる

女性は加齢によって男性ホルモンが増加しますが、男性は減少してしまいます。

それによって男性機能が衰え勃起力が弱まり、膨張率が低くなった結果としてサイズダウンを感じるようになります。

勃起力(膨張率)が減少する大きな要因は血流(次項で詳しく紹介)ですが、ペニスの血管や筋肉組織が減退することも重要なポイントです。

男性ホルモンが多い時期というのは、言い換えると「性的興奮が起こりやすい時期」です。

たとえば、ピークである20代は常にエッチなことを考えているという人でも、歳を重ねるごとにそういった欲求が薄れていきます。

欲求が減退すれば勃起の機会が減り、生殖器として機能させる機会が減るにつれて「単なる排尿器官」へと変化していくことにより、ペニスサイズが減少してしまう可能性があります。

血液の流れが悪くなり勃起力が下がる

勃起時のペニスサイズは血流量に比例するため、ペニスに流れる血流が減少すれば当然サイズも小さくなってしまいます。

ペニスに供給される血液量が減少すれば膨張率が減少し、それによって「昔よりも小さくなった」と感じるわけです。

また、血流が悪くなれば血液によって供給される栄養が減り、ペニス組織が衰える要因になります。

組織が衰えれば勃起力、膨張率が減り、それによってさらにペニスへ供給される栄養が少なくなるという負の循環が起こりやすく、ペニスサイズが減少する可能性が高まります。

むしろオナ禁するよりもばんばんオナニーをしたほうがいい!

オナニーをすることによって時間と体力を消費してしまうものの、オナニーで得られるメリットを享受するためにも、また男性機能を高く保つためにも積極的に取り組んだ方が良いでしょう。

かてて加えて、前立腺がんの予防効果にも期待できるわけですから、「時間があったらオナニーをする」ということでも悪くないどころか、むしろ励行されるくらいです。

一部、「オナ禁するとペニスサイズが大きくなる」という話もありますが、ここまでで紹介してきたような影響、メカニズムを鑑みれば逆効果になる可能性が高いことに気付けるのではないでしょうか。

もちろん、オナ禁で一時的に性欲を上昇させるという方法もあるので、一切合切を否定するわけではありません。

性欲を高めることができさえすれば機能維持、向上の期待が持てるわけなので、上手にコントロールすることが大切です。

それを踏まえた上で、続いてサイズダウンを防止する方法とサイズアップの方法を見ていきましょう。

ペニスを現状の状態より小さくならないようにする方法

ペニスがサイズダウンしてしまう原因が分かれば、それを予防することもできます。

要は、サイズダウンを引き起こす原因を解消すれば良いわけですが、具体的にどういった行動が予防策となるのかを見ていきましょう。

定期的に運動、ダイエットをする

男性機能を高く保つためにはもちろんですが、全身の筋肉や血流を良い状態に維持するためにも運動は欠かせません。

また、適度な運動は肥満を予防する効果にも期待できるため、「見た目の上で」ペニスサイズが減少することも予防できます。特に効果的なのが「有酸素運動」です。

ウォーキング、ジョギング、水泳などはもちろんですが、踏み台昇降運動や最近はやりのヨガも効果的です。また、毎日の入浴で湯船に浸かるようにするだけでも変わります。

実際に体を動かすものと比べて効果は下がりますが、入浴1時間で100kcal以上も消費できるといわれる立派な有酸素運動です。

中でも、「半身浴」はダイエット効果だけでなく、ストレス解消や美容効果も高いといわれています。

適度な運動は男性機能の維持、向上に効果があるのはもちろんですが、女性からみて魅力的なスタイルになれば「モテる」可能性に期待できます。

すると、当然セックスのチャンスも増え、それがさらなる男性機能向上につながるというわけです。

生活習慣を整える

適度な運動が大切なのはもちろんですが、それだけでなく食生活などの生活スタイルをまとめて見直すことも必要です。

たとえば、「慢性的な睡眠不足はテストステロン(男性ホルモンの一種)を減少させる」ため、男性機能の衰えが早まってしまいます。これを予防するためには、良質な睡眠をとることが求められます。

また、食生活にもしっかりと気を配ることが大切です。暴飲暴食を控えることは当然として、栄養を考えたバランスの良い食事は肥満防止の効果にも期待できます。

食事から摂取できる成分のうち、男性機能向上効果が期待できる「ナットウキナーゼ」(納豆)、「シトルリン」(ウリ科の食物)、「EPA」(青魚)を適度に摂取するように意識しましょう。

男性ホルモンを生成する成分、亜鉛を摂取する

亜鉛には「男性ホルモンを増やす」働きがあることは、広く知られています。

精力剤といわれるものには必ずといって良いほど亜鉛が含まれていますし、古来より性力増強効果が期待できるとされるものの多くにも亜鉛が含まれていることからも分かるでしょう。

「亜鉛を意識的に摂取するようになって精液の濃度が増した」

「亜鉛を摂っていたら精子が増えた」

といった話もよく聞きます。

アメリカでは「セックスミネラル」とも呼ばれている亜鉛を意識的に摂取することは、男性機能および精力を適切な状態に保つ高い効果が期待でき、それが延いてはペニスサイズが減少する要因を排除する効果にかかわってきます。

ペニスを現状よりも大きくするなら増大サプリがおすすめ

ペニスサイズが減少しないことを目指したアプローチは大切です。しかし、多くの男性が抱えている悩みは、小さくならないことではなく「大きくする」ことです。

医学的なアプローチ以外で確実性が高い方法はありませんが、ペニス増大サプリならばその希望が叶う可能性があります。

シトルリン、アルギニン入りの増大サプリを選ぼう

「ペニスサイズに自身が持てない」といったコンプレックスを抱えている男性は多く、それが理由となって女性と積極的なコミュニケーションを避けてしまうこともあります。

「ペニスサイズが男の価値を決めない」と達観できるようになれば何も問題はないのですが、そのハードルはけっして低くありません。

ここまで、ペニスサイズが小さくならないようにする方法を紹介してきましたが、それはあくまでも状況を悪化させないための手段です。

「ペニスを大きくしたい」という問題を解決する方法としては不十分と言わざるを得ません。今、ペニスサイズ増大を狙ったアプローチの中で、「ペニス増大サプリ」が非常に人気です。

たとえば、男性機能を維持する上で亜鉛の摂取が必要不可欠であるということを紹介しましたが、サプリメントならば簡単に摂取することができます。

その手軽さこそがペニス増大サプリの人気を支えている大きな要因ですが、ペニス増大サプリならば何でも良いわけではありません。

価格も評価もピンキリですが、少なくとも「シトルリン」「アルギニン」の二つが豊富に配合されているものを選択した方が賢明です。

※いずれも「L」(L-シトルリン、Lアルギニン)と表記されることもあるが、特に気にしなくとも良い

これらはいずれも血流を増進させる効果が期待できます。

ペニスサイズの減少を防ぐためにもそうでしたが、増大させるためにはより多くの血流にのせて必要な栄養成分をペニス組織へと供給させる必要があります。

これらの成分はそのために必要な効果が期待できることが、ペニス増大に効果が高い成分といわれる所以です。

当サイトがおすすめする増大サプリ「ヴォルスタービヨンド」

数あるペニス増大サプリの中でも、この『ヴォルスタービヨンド』(VolsterBeyond)がおすすめです。最近のペニス増大サプリならば、ほとんどがシトルリンやアルギニンを配合しています。

しかし、その配合量には差があります。効果的な成分を配合していれば良いわけではなく、十分な量を配合しているのかが重要なポイントです。

毎日せっせとペニス増大サプリを摂取していても、効果が期待できないほど少量しか成分を摂取できていなければ意味がありません。

その点、この『ヴォルスタービヨンド』(VolsterBeyond)ならば安心です。

シトルリン801mg、アルギニン282mg、亜鉛12mgという十分な量を3粒で摂取することができ、豊富な配合量に見合った効果が期待できます。

しかも、初回購入特典として30日間の返金保証もついてくるので、初めてのペニス増大サプリで不安を感じている人も安心できます。

-ちんこの悩み

Copyright© ペニス 増大サプリ ランキング|口コミでおすすめの効果や副作用・飲み方を比較 , 2018 All Rights Reserved.